かつらのケア(人毛の場合の場合)

●人毛の場合

洗面器に2Lの水またはぬるま湯を入れ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

シャンプー・トリートメント(専用のものも販売されています)を
大サジ一杯程度(約15ml)を用意します。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

シャンプー前にブラッシングをし、毛のもつれやほこりを落とします。
ストッパーは全て閉じておきます。
水に専用シャンプーを入れて泡立て、ウィッグの前髪部分を持ち上げ、ブラシでまずは毛先から、次に中間、頭頂部をとかし洗いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

流水でシャンプー時と同様に毛先からとかしすすぎをします。

専用トリートメントを溶かした水に2~3回ウィッグをくぐらせ、ブラシを使って全体にいきわたらせた後、再度とかしすすぎをします。
※かつらがからまる原因となるので、水の中に浸けこまないでください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

乾いたタオルで軽く押さえながら水気を取ります。
半乾きの状態でスタイルを整えて、その後、室内で自然乾燥させます。
スキン付のものは特にていねいに水気を取ってください。
※水分がついたまま放置すると、スキン部分が傷みやすくなります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ご自分でセットされる場合は、ドライヤーやカーラーを使用します。

人毛の場合、熱に比較的強い事が特徴ですが、速乾性が無いので、乾燥させる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*