かつらのケア(合成繊維の場合)

●合成繊維の場合
洗面器に2Lの水を入れお使いのシャンプー・トリートメント(専用のものも販売されています)を
大サジ一杯程度(約15ml)を用意します。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

シャンプー前にブラッシングをし、毛のもつれやほこりを落とします。
ストッパーはすべて閉じておきます。水に専用シャンプーを入れて泡立て、指先で軽く押し洗いをします。
※汚れがひどい場合は、2度洗いをしてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

押し洗い後、水を変え押しすすぎをします。十分にすすいだ後、
トリートメントを溶かした水に2~3分浸し、軽くすすぎます。
※毛がらみの恐れがあるため、もみ洗いやブラシ洗いはしないでください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

乾いたタオルで軽く押さえながら水気を取り、室内で自然乾燥させます。
スキン(人工肌)付のものは特にていねいに水気を取ってください。
※水分がついたまま放置すると、人工肌部分が傷みやすくなります。
※ドライヤーの使用や、直射日光は避けてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

乾燥したら軽くブラッシングをし、毛の流れを毛先から順に整えてください。
※濡れている状態でブラッシングをすると、カールが伸びる原因になります。

合成繊維の場合、熱に弱い特性があるので、水でのハンドウォッシュと、自然乾燥がおすすめです。
最近はヘアアイロンなどの対策で熱に強い商品もありますので、チュートリアルや購入店舗で素材の確認を行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*