かつらの歴史

かつらそのものがいつ頃誕生したのかは、はっきりと分かっていません。ただ、少なくとも古代エジプトにおいては盛んに行われ、
時に地位を表す重要なマークであったそうです。
当時、髪を剃る事は神聖な行為と見なされて、またかつらをかぶればエジプトの強い日差しから頭を保護できるメリットもあり、
かつらは珍重されたと言われています。材料としては人毛、羊毛、植物繊維が使用されたようです。
古代ローマ時代には、ほぼ一般に普及していたようです。ローマ時代の男の髪型と言えば、ギザギザの前髪を垂らしたショートカットです。
生え際や分け目を作る必要はないので、それほど微妙な技術がなくても本物っぽく見せれたようです。
その後、中世ヨーロッパでは「神の御前で偽の髪であるかつらをつけるなど断じて許さん」との戒律から、しばらくかつら使用は影を潜めたようです。
ですが、ルイ14世の時代には、反対していた聖職者達もかつらを愛用し始め、それがヨーロッパ中に広がりました。
当初は単なる薄毛隠し、またはオシャレとして利用されましたが、使ってみると衛生的だったのも需要の急増につながったようです。
―17世紀―
西ヨーロッパの王侯や貴族が複雑な結髪や染毛、ひげの手入れなどに強い関心を寄せ
始めました。そこで、王の理容師,貴族の理容師,庶民の理容師と厳密に分けられるようになりました。
―18世紀―
イギリスのチャールズ2世が、フルボトムド・ウィッグ(総かつら)を着用するようになりました。
最初は黒いかつらのみでしたが、だんだんと上流階級が差別化の意味で、茶や金色を使う
ようになったのです。
それでは、この時代に流行したウィッグ(かつら)を
紹介します。
1.アベウィッグ(神父かつら)と呼ばれ、頭頂部が剃られています。
2.ノッテッド・ウィッグ(結びかつら)と呼ばれ、真ん中はらせん状の巻き毛になっています。
3.ボブウィッグは(断髪かつら)と呼ばれいたものです。

当時、石鹸は質が悪く、髪の毛を洗うのが大変だった上、髪にノミやシラミが入りこみましたが、頭を剃ってかつらをつければ、
そんな苦労を味わわなくてもすむようになりました。
日本では、江戸時代、髪の量が少ない女性がボリュームを出すために使った「かもじ」などの添え髪に、その痕跡があるくらいで、
男がハゲを隠すためにかつらを使用するといった伝統は明治以前にはほぼ、無かったようです。

18世紀中期に流行ったのが、辰松風と呼ばれるかつらで、上から下へ頭を刺すような形でした。
この辰松風のかつらが、文金風,本多風と呼ば れるかつらに受け継がれていいったそうです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*