かつら修理

かつらは毎日使っているうちに傷んでしまうもの。
ケアを欠かさず行っていても毛が抜けてしまったり、人工皮膚部分の劣化やネットの破れなども多いようです。
夏場は蒸れてしまったり、地肌に触れるものなので、汚れも気になります。
最近は比較的値段も安定してきているもののやはり何度も新調することも経済的に大変です。
メーカーに修理を頼んでも「修理できない」と
いわれ、高価な新しいかつらをすすめられてしまうことも。
「メーカーに言われるまま新品に」買い替えることはありません。修理不可と言われたかつらでも
しゅうりしてくれる専門業者が存在します。修理の専門業者なので、新品のかつらを進められることも
ありません。費用はテープの土台の張り替え(一か所)・人工皮膚の部分交換・ネット破れの補修いずれも
¥31,500程です。サイズが小さくなったかつらを大きくする特殊な修理も¥80,000~の業者もあるようです。
修理返却納品後に、万が一満足できない場合は無料再修理を無償で行うサービスを提供していたり、
かなりサービスの充実した業者も存在します。
また、業者によっては新調する際に下取りしてくれる業者もありますので、インターネットや情報誌などで
調べて見るのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*